一定期間更新がないため広告を表示しています


文在寅氏が韓国大統領に就任 「条件整えば平壌行く」
【ソウル=山田健一】9日に投開票された韓国の大統領選で当選した革新系最大政党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が10日、第19代大統領に就任した。任期は5年。就任に際して国民向けメッセージを発表し「国民すべての大統領になり公正な国をつくる」と訴えた。(続きを読む)


車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。
何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。
新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、全くといって良いほど手間がかからないのです。
それとは反対に、所有する自動車をちょっとでも高く査定してもらいたいのであればディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。
何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、なるべく高く買い取りしてもらえる可能性が高まるのです。
中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大きく分けるとどんな車種や色であるかの基本スペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。
これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。
これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。
基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば訪問査定も気楽に受けることができる上、より良い値段をつけてもらえることも多いです。
手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。
ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、本来のパーツに戻しておくことが大事です。
ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は加点評価してもらえるからです。
また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。