一定期間更新がないため広告を表示しています


ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、誰にとっても有難い存在ですが、ひとつだけ面倒な点というと、複数の業者から電話連絡がひっきりなしにかかってくるという点があります。
登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと業務に影響を及ぼしかねないため、よく考えて登録しましょう。
断っても再三かけてくるような業者がいたら、よそで売却を決めてしまったと言って断るのが諦めてもらえます。
品物がないのですから当然です。
少数の例外はあるかもしれませんが、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。
資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会、通称JAAIに車の査定をお願いしなければいけません。
日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。
さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。
自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。
そしてそれを基準に「何年落ちの車」などと言って古さを表します。
勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく初めて登録した年から数えるので要注意です。
状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。
売る方にすれば気の毒な話ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

本日、「フリーテルショップ」全31店舗グランドオープン
SIMフリーキャリアのFREETEL(事業社名:プラスワン・マーケティング株式会社-本社:東京都港区、代表取締役:増田薫)は、本日4月28日(金)に、プレオープンしていた20店舗、および新規オープンの11店舗を含めた「フリーテルショップ」全31店舗をグランドオープンいたします。(続きを読む)


関連する記事
コメント
コメントする